スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺を・・・俺達を・・・誰だと思っていやがる!!

というわけであまりに暇だったので
劇場版グレンラガン~螺旋編~をみました。
面白かったぞぉおおおおおおおおおおおおお!!!
何だかんだで萌え系多めな最近のアニメには少ない貴重な「燃え」を体現したアニメだったと思います。
そしてこの劇場版もただの総集編などではありませんでした。
テッペリン戦のあとから結構細部が違ったのです。
後半は紅蓮編同様、劇的に違いますし。
まずアンチスパイラルの行動条件が地上に出た人の数ではなく月を目指した時になってました。
月を目指す→ある一定以上の高度な文明を持ったと認識→殲滅に入る
な流れ。
ここから敵時カテドラル・ラゼンガンが新たにでてきたり
キタンをのぞくグレン団メンバーが生き残ったり。
そして超展開は天元突破を突破したことかw
その名も超天元突破グレンラガンwww
ベタな名前であるが正直この展開には震えたwww
地味に天元突破エンキドゥルガーとかデザインが好きだったり。
そしてエピローグの追加ですね。
アニメ版で最後なぜ世界を回っていたのかが描かれてます。
この追加はよかったです。
シモンがどれだけニアを愛してたかが伺えますね。
何にしてもやはり結婚式のシーンで泣いたのですが・・・
世間様ではなぜここも無理を通して道理を蹴っ飛ばさなかったのか?ってのがありますが
ギミーの台詞曰く螺旋力を使えば生き返らせることは可能らしい?
でもヨーコが「シモンは神様ではないから・・・」と言います。
つまる所神じゃないから命をもてあそぶ事は許されない
ましてや人の命を個人的にどうこうしては宇宙を守るためと仲間を封じ込めた
アンチスパイラルとなんら変わらなくなってしまう
そんなことニアが喜ぶわけもない
と言う事なのだと思います。
根本的なところでニアの立場を変えればあるいは・・・てのもありますが・・・
「宇宙の平和を守るために戦う」のではなく「好きな女を助けに行くために喧嘩をしにいく」
というグレン団の「らしさ」を出したかったんでしょうし。
個人的には道理を蹴っ飛ばさなかった理由はこんな感じだと解釈してたり。
まぁ、感じ方なんて人それぞれだし仕方ないと言えば仕方ないですがw
チャリはグレンラガンは物凄く良いアニメだったと思います♪
こんないいアニメをありがとうGAINAXさん(*´д`*)

おっと・・・なんか長々と語ってしまった・・・
ぜひともTV版とあわせてみてもらいたい一品です♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャリmk2

Author:チャリmk2
これが自転車力です!(ぇ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。